K様よりリフォームのご相談をいただいたのは、6月の初めでした。 当社の取引先の家具屋さん「フリーハンドイマイ」さんのHPを見て先に家具関係のお話が進んでいたようです。 今井さんが当社をご紹介してくれて私たちはK様と出会う事ができました。早速現地調査に伺ったところ今回のメインは、キッチンと家具になりそうです。 K様はとても勉強されていて雑誌の切り抜きやイメージをご用意してくださいまして我々にとても理解しやすくご説明してくださいました。 特にキッチンの動線については普段の生活の中で気付いた点をまとめていて完成されたものをご用意されており、我々はそれが実現可能かを検証するという形の設計業務となりました。 途中配管経路の問題から大幅なプラン変更がありましたが、決定したプランはシンプルで最大限に機能的なものになったと思います。初回打合せから約半年12月に無事竣工することができました。

キッチン
フルオーダーキッチンです。周囲の家具と協調させるために今回は上記の家具屋さんで製作する事になりました。「キッチンメーカーでは出来ないキッチン」です。

左が改修前のレイアウトです。廊下側から出入りするレイアウトをダイニング側から出入りする両側キッチンに変更しました。このマンションでは、置き床の高さが80ミリ程度しかありませんでしたので床下配管に距離的限界がありました。

Point!
ガスレンジは、「バイキング社」の物です。料理をされている方には有名な製品のようです。私は知りませんでした(汗
あの三木谷さんの別荘にもこのレンジが付いているそうです。火力が強いので点火するとお部屋の温度が急激にあがります。必ず大型のレンジフードと組み合わせたほうが良いでしょう。

リビング
壁面一面を書棚としています。シェルビングラックは家具屋さんと相談して表面材を艶がなく落ち着く素材にしました。 床は、コルクタイルを貼りました。ごろんと床寝が出来ますよ。

メインの工事が家具工事となったため当社の工事はほとんど無かったのですが、家具の設計、図面のチェックは当社で行いました。良く知りあっている家具屋さんで良かったです。
また、使用する材料についてもK様がある程度選んでくださいましたので、適材かどうかを判断して、後は長持ちするような施工をする事に徹しました。 何年後にかでも当社に頼んでよかったなと言っていただけるようにしっかりと作る事ができました。キッチンのデザインは大変勉強させていただきました。当社ではなかなかこのようなデザインは出来なかったと思います。 改めてK様のセンスには脱帽いたします。