どこまでリフォームが出来るのかオーナーのY様からお問い合わせをいただき現地調査に伺いまいた。
築35年ですが、駅から便もよく周囲も閑静な住宅地で、まさにリフォームして住むには最適な立地条件だと思いました。  リフォーム条件としては、部屋数が3室必要とのことでしたのでどうしても思い切った部屋のレイアウトが出来なかったのですが、 水周りを大胆に変更する事により以前とはまるで違う雰囲気を出す事が出来たともいます。部屋面積が狭くなることもあり、 収納スペースの確保には重点を置いて設計いたしました。また、オーナー様のかわいいペット達のことも考え各種素材を検討しました。


LDK
部屋の中央に位置するLDKに日光を入れるために、洋室との区切りの建具を大型の透明アクリルをつかった折戸とすることで。大変明るくなりまたお部屋も広く感じるようになりました。大きなシンクの東洋キッチン製のシステムキッチンは金属調素材で大変モダンなデザインです。 床材も東洋キッチン製のメラミン化粧合板を採用、傷に大変強い製品です。窓際は、AV観賞設備を設置する事が出来より楽しいリビングルームを造る事が出来ました。

Point!
床材のトーヨーキッチン「バルクフロア」は、大変傷に強い床材です。土足用としても使えるこの製品は、美術館等にも採用されているそうです。 職人さんもびっくりの堅さで ペット用には最適だと思いました。 壁仕上げ材については、クロスの表面強化タイプを採用。部分的にエコカラットを使用して湿気や臭い対策賭しています。

洋室
部屋巾を広く取る事が出来なかったため、その分収納をたっぷりと設計しました。照明器具は、すべて調光式として多様な雰囲気を演出 できるようにし、天井高さはダウンライト限界まで高くしました。
ホワイトで統一された建具はすべて特注品です。今回はモール式を採用し重厚感を出しました。

浴室
在来工法の浴室を解体して、ユニットバスを設置しました。アルミサッシのカバー工法と組み合わせて浴室に窓をつけることに 成功しました。窓を付ける事により明るく、洗濯干しにも機能的になりました。サッシカバー工法が出来なかったら実現出来なかったレイアウトです。

Point!
ユニットバスは、イナックス製「ソレオ」を採用しました。ワイドバスは非常にゆったりとして心地よい広さです。 洗い場が狭くなる気がしますがそれほど気になりませんでした。 スケルトンリフォームでは問題になりませんが、 ユニットバスは大きいので、搬入経路は十分確認しておく必要があります。場合によっては、壁の解体が必要になる 場合もありますので、機種選定は慎重に行う必要があります。

収納ベット

前回もご紹介しましたが、IP20社製の収納ベットは、狭小計画には最適でしょう。収納力も十分あります。

洗面所・その他
洗面室は、窓を有効に使いたかったので既製品は採用しませんでした。集成材のカウンターに陶器のボウルをのせたデザインです。 壁面は、透明感のあるガラスタイルを採用、棚等のアクセサリーもガラス製を採用して全体的に統一しています。収納は、カウンター 下にワゴン形式とすることで使いやすさも考慮しています。 リビングには、オーナー様からスピーカーをご支給頂き、配線をすべて 隠ぺいする事に成功しました。アンプ、デッキなどの配線もすべて壁の中に隠ぺいしています。ご趣味のDVD観賞もよりいっそう楽しく なることと思います。